キャロル

マツダの軽自動車は今のところ全てをスズキからのOEMで賄っており、自社開発自社生産は行っていません。そのため、軽自動車のモデルチェンジはスズキ次第ということになります。

その内の1台となるのがキャロル、かなり昔では独身女性ドライバーに大人気だった車も今となってはほとんど売れない軽自動車となってしまいました。

現在のキャロルはスズキのアルトのOEMモデルでアルトがモデルチェンジしたことによって少し遅れてキャロルもモデルチェンジした形となりました。

スズキではアルトはそこそこ売れているモデルで、アルトターボRSやアルトワークスなどが結構注目を浴びているようですが、マツダに入って来るモデルはすべて標準モデルのNAエンジンモデルだけで取り立てて何かあるといった車ではありません。

スズキのAGSモデルもキャロルにはありません。

ただ、マツダとしては軽自動車にほとんど興味がなく、主たるマーケットをヨーロッパに絞っているので、軽自動車はとりあえず売れる見込みがあるから取り揃えているだけで、軽自動車を売ってもうけようなどとは思っていないのです。

ちょっと話は変わりますが、現在のマツダの軽自動車は全てスズキ製ですが、そのうちきっとすべてがダイハツ製になると思われます。なぜならマツダとトヨタの間で業務提携を取り交わしたからです。

既にアクセラハイブリッドにはトヨタのハイブリッドシステムが付けられており、これからもそういった傾向が強くなっていくことでしょう。

そうなれば軽自動車もスズキではなくトヨタの子会社であるダイハツのものを使わない訳に行かなくなるということです。もしかしたらスズキ製のキャロルはこのモデルが最後かもしれません。