CX-3

マツダはここ最近、手軽につくれるクロスオーバーSUVにはまっているようです。

それまでマツダにはCX-5という大型クロスオーバーSUVがあったのですがサイズ的の大きすぎるということとクロスオーバーSUVが流行っていて売れる見込みがあるということで次なるクロスオーバーSUVを発売しました。

それがこのCX-3です。サイズ的にコンパクトカーサイズで分類としては小型クロスオーバーSUVとなります。

マツダでは新しいシリーズになるのですがだからといって全く新しい車ではなく、単なるデミオのクロスオーバーSUVモデルなのです。

プラットフォームも同じ、デザインも同じ、インパネ周りなど多数の共通パーツを持つことからそれがすぐにわかります。

ということはこの車もCX-5同様にオフロードを走ることができないクロスオーバーSUVということになります。

そして最大の欠点がエンジンにガソリンエンジンモデルが一切ないことです。

確かに最近のクリーンディーゼルエンジンなるものは排気ガスはきれいになったし、音も静かになった、運転していてステアリングホイールがガタガタ震えるような振動もなくなりましたが、結局はディーゼルエンジンです。

アクセルペダルを深く踏んでもエンジンが回らない、スピードが乗らない、冬など軽油の凍結にも気を使わなければならないとガソリンエンジンで考えられないようなデメリットがやっぱりたくさんあるのです。

それにヨーロッパ市場向けの考え方を押し付けるのはもういい加減やめてほしいです。ここは日本だし、マツダは日本の自動車メーカーなのですよ!

そんなことやっているからトヨタに足元をすくわれるのです。CX-3はまさに現在のマツダの悪いところをあらわした車といっていいでしょう。