プレマシー

マツダのミドルルーフ中型ミニバンであるプレマシーが2016年の春ごろにモデルチェンジする予定になっています。今度のプレマシーは基本的にはあまり代わり映えのしないモデルチェンジとなりそうです。

アクセラのプラットフォームを使って作られ、ボディの全高も現行モデルと同じようなミドルルーフ、両側にスライドドアを持つスタイルといった感じになるようです。

エンジンも2リッターNAエンジンが搭載されるようですがマツダの車だけあって2.2リッターのディーゼルエンジンも用意されるようです。

ボディのデザインは当然のごとくデザイナーの手抜きであるマツダの共通デザインになることとなり、あまりパッとしないモデルチェンジになりそうです。

しかしこのクラスのミニバンは日産のセレナやトヨタのノア3兄弟に牛耳られていることになっており、ファミリーカーしては低ルーフミニバンほどではありませんが使いにくいこのモデルがどこまで売れるが疑問が残ります。

最低でも現在プレマシーの乗っている方が乗り換えるという需要はあると思いますが、これといった特徴がない、むしろ悪しきマツダの慣習であるデザインの共通化がされたプレマシーに新しい顧客が増えるかというとそれはかなり厳しいように思えます。