スクラム

マツダのスクラムも他の軽自動車と同じようにスズキからのOEM供給で賄われている車です。OEM元モデルはエブリィシリーズとキャリィシリーズ。

マツダではスクラムシリーズとしてスクラムワゴンとスクラムバン、スクラムトラックの3つモデルを発売していますが、スズキではエブリィはワンボックスワゴンと商用バン、キャリィは商用トラックと分けているのでその2つのOEM供給を受けている形となります。

2015年にフルモデルチェンジしたのはエブリィシリーズ、それに伴ってマツダのスクラムワゴンとスクラムバンがモデルチェンジした形となりました。

軽ワンボックスワゴンとして軽商用バンとしての性能の良さはエブリィシリーズでお墨付き。

今回はエンジンも新しいR06A型に変わっていますし、安全装備のレーダーブレーキサポートも装着されました。

燃費も向上し今まで以上に家計や経理にやさしい車となりましたし、ワゴンモデルでは結構装備も充実したように思えます。

ただマツダとしてもやはり軽自動車を積極的に売ることは行っていませんので昔からの付き合いとか流れ的にスクラムにたどり着いたといった方からしか買われていない状況です。

ちなみのこの車には沢山の兄弟がいます。ベースモデルのエブリィシリーズ、日産のNV100クリッパーシリーズ、三菱のミニキャブシリーズ、そしてこのスクラムシリーズと4兄弟構成となっています。

1つのモデルが4つの自動車メーカーから売られているというのもなかなか珍しいことです。